頑固な便秘を治す3つの基礎知識

phm21_0474-s (1)女性の中で、便秘に悩む人は多いものです。

便秘を放置していると、健康にさまざまな影響を及ぼします。

 

たとえば肌荒れ・腹痛・痔・口臭や体臭などです。

さらに腸内環境の悪化による免疫力の低下や自律神経の働きの乱れなども懸念されます。

 

頑固な便秘で悩んでいる場合には、いろいろな角度からアプローチして症状を改善することが大切です。

1.食生活を見直す

まず食生活においては、便秘改善に効果のある食材を摂りましょう。

その一つであるオリゴ糖や乳酸菌は、腸内の善玉菌を活性化させる働きがあります。

 

また、オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、小腸や大腸の蠕動運動を促す効果があります。

 

さらに食物繊維は、便のかさを増すと共に水分を含ませる作用があります。

特に、こんにゃく・海藻類・きのこ類・山芋などに含まれる水溶性食物繊維は、腸内環境の改善に欠かせません。

 

これらの食材を摂り、ミネラルウォーターなどの水分を多めに飲むように心がけると良いでしょう。

2.生活習慣の見直し

便秘改善の手段としては、生活習慣の見直しも重要です。

 

特に朝は食事をきちんとたべ、腸に刺激を与えます。

そしてトイレタイムを確保し、排便リズムを作るようにします。

 

そして、便意を感じた場合に我慢するのはタブーです。

これを繰り返すと便意を感知する直腸の働きが弱まり、慢性的な便秘になるからです。

 

加えて、ストレスや睡眠不足は自律神経のバランスを崩し、腸の働きを低下させます。

それによって便が排出されにくくなり、便秘が起こる場合があります。

 

日常のストレスをうまく解消し、睡眠をしっかり取ることも必要です。

3.適度な運動

この他には、ウォーキングや腹筋運動なども便秘改善に有効です。

加齢などで腹筋が弱まると、便を排出する力も低下します。

 

しかしウォーキングをすれば、自然に背筋や腹筋が鍛えられます。

その上血行が良くなり、新陳代謝がアップして腸の動きも促進されます。

 

さらに腹筋運動をすると腹筋が強化され、腸の蠕動運動を促すことができます。

これらの方策を地道に実行し、便秘を完全に解消しましょう。

私はカイテキオリゴで便秘が治りました!

029

oorii

 

yajirusiカイテキオリゴの詳細はこちら

 

オリゴ糖をとると健康に良い」という話を最近よく聞きますが、オリゴ糖は具体的にどう健康に良いのでしょうか?

 

まず、オリゴ糖で1番の働きは何かというと、それは整腸作用です。

整腸作用というのは腸の状態を整えて活発にしてくれる作用のことです。

 

つまり、オリゴ糖をとることで腸内の調子を良くし、便秘などお腹のトラブルが極力起こらないよう予防することができます。

オリゴ糖は腸内に入ると善玉菌の源になりますから、腸内環境を整えるためには必須です。

 

また「」と名前についていると、糖分が気になるところですが、オリゴ糖はカロリーが低いことで有名です。

ですから、オリゴ糖をたくさんとったからといってブクブクに太ってしまう、という心配をすることはないのです。

 

また、歯に対して害がないのもオリゴ糖の特徴です。

普通の糖分ですと虫歯の原因になったりしますが、オリゴ糖の場合は虫歯の原因になりにくいので、歯のことを気にせず安心してとることができます。

 

つまり、オリゴ糖には整腸作用、低カロリー、虫歯になりにくいと、健康を考える上で大事な要素が3つも含まれており、それらの要素がオリゴ糖をとると健康に良いとされている理由です。

 

私が愛飲している、おすすめのオリゴ糖は北の快適工房の「カイテキオリゴ」です。

通販でも目覚しい人気を誇っていますので、便秘解消など健康面でお悩みの方は1度試されてみてはいかがでしょうか?

亜麻仁油が便秘解消に効く!

ana

ama1

ama2

 

ひどい便秘で悩んでいる方は、を適度に取っていますか?

ダイエットをしていて、極端に油ものを取らないようにしていたりしませんか?

 

腸の中では水分はどんどん吸収されますが、油分は便の中に残るため、適度な油は排便のためには必要です。

 

だけど、油を取ると太る気がする…。
ダイエットをしていたりするとそう思いがちです。

 

そこで、私がおススメするのは「亜麻仁油」です。

 

亜麻仁油は、αリノレン酸が多く含まれています。

 

αリノレン酸は、DHAやEPAに変換され、血流改善や動脈硬化、アレルギーを防ぐ成分が多く含まれています。

 

特にEPAは便秘の薬にも使われていて、便通が改善すると言われています。
αリノレン酸が多く含まれている油は、亜麻仁油、えごま油、しそ油などの油ですが、特に亜麻仁油がαリノレン酸を60%近くも含んでいます。

 

亜麻仁油なら、毎日ティースプーン2杯くらいを目安に摂るだけなので、あまりカロリーを気にすることなく摂る事ができ、しかも便秘にも健康にも良い事づくめです。

 

私もひどい便秘の時に摂っていたら、いつの間にか便通が良くなっていました。

 

亜麻仁油の取り方ですが、αリノレン酸は加熱に弱いので、そのまま食べる必要があります。

 

ただし、そのまま食べると美味しくありません。
青魚の油のような匂いと、苦みが口の中に広がります。

 

我が家では、子供もアレルギーなので、家族で日々の食卓に取り入れて亜麻仁油を使っています。

 

大人は、パンにつけて食べたりしていますが、子供は苦みに耐えられないので、普段は冷めたお味噌汁に入れています。

 

お味噌汁にコクが出て、美味しくなるんです。

 

あとは、お酢と好きな物を混ぜてサラダにかけるドレッシングにしたり、納豆にかけても美味しいです。

ドレッシングや納豆に入れると苦みがまろやかになるのでお勧めです。

水素水って身体にいいの?その疑問に迫ります

多くの芸能人やモデル、スポーツ選手たちが愛用している話題の水素水

身体にいいらしい」ということは漠然とわかっていても…効果を詳しく知らないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、水素水の効果、水素水を選ぶ際に知っておきたいポイントについていくつか調べてみました。

 

【水素水に期待できること】

人の身体は年齢を重ねることによって老化します。

 

老化、というのは簡単に言うと酸化のこと。

 

その酸化を防ぐ力が抗酸化力、水素水にはこの抗酸化力があるのです。

というのも、水素H2は活性酸素O2と結びつくと、皆さんがご存知のように無害な水H2Oへと中和されるんです。

 

だからこそ水素水は飲むだけであらゆる病気に効果があり、疲れにくくなったり、胃腸が活性化することによる便秘の解消、肌の老化も防ぐことができるのです。

水素水が愛されている理由はそこにあるんですね。

 

【水素水を選ぶ時のポイントとは?】

・水素の量が多く含まれていること

・ペットボトルではなくアルミパウチ容器に入っていること

・実際に飲んでみて飲みやすいと感じるもの

・価格が手ごろなもの

 

水素水の濃度は、水素が1.2ppm以上含まれているものがおすすめです。というのも水素量が多ければ多いほど還元力が高くなるため抗酸化力も高まるからです。

 

アルミパウチのもの、というのは、そのほうが水素が抜けにくいからです。

ペットボトルよりもアルミパウチのものがおすすめです。開封後はできるだけ早く飲み切りましょう。

 

飲み心地がいいもの、というのは硬度の関係です。

硬水のほうがマグネシウムを含んでいるものの身体に負担がかかりやすいので軟水を選ぶことをおすすめします。

 

価格に関しては、結局続かなければ意味がないので…手軽に手に入り、続けられるものを選ぶのが◎です。

 

水素水を毎日の生活に取り入れて、若々しい身体と肌をキープしちゃいましょう。

きっと毎日がイキイキ過ごせるはずです。