son2

 

ひどい便秘で悩んでしまうことってありますよね。

何日も便通がないと、体も重く不調になり、気分も落ち込んでしまいます。

 

私も便秘には長年悩まされてきましたが、意識的に生活習慣を変えることで改善することができました。

実は、スムーズな便通を促すには、3つのポイントがあるんです。

1)食事

1つは、食事です。

 

食物繊維が便秘解消には役立つと聞いたこと、ありますよね。

ゴボウが有名ですが、手軽に食べられるのは、ワカメなどの海草類や果物などに多く含まれています。

 

野菜チップスや昆布や海草のお菓子類などは、簡単に食物繊維が取れて便利ですよ。

2)運動

2つ目は、運動です。

 

女性は、お腹の筋肉が弱く、便秘になっても踏ん張りが利かないことがありますよね。

日頃から、お腹の筋肉を鍛えるように簡単な運動をしましょう。

 

例えば、電車に乗っている時や歩いている時に、背筋を伸ばして、お腹に力を入れて呼吸の運動をします。

お腹を意識しながら、大きく息を吸って5秒止め、ゆっくりと吐きます。これを10回、繰り返します。

 

簡単な呼吸法ですが、お腹に力を入れることで、終わった後には、心地よい疲労感が得られますよ。

3)生活

3つ目は、生活リズムを整えることです。

 

毎日、しっかりと睡眠時間を取り、朝早くに目覚め、朝食をきちんと食べましょう。

その後、便意がなくても、トイレに座ってみる習慣をつけましょう。

 

そうすることで、体がリズムを覚え、腸が働きやすい環境を作ることができます。そんな生活が慣れてくれば、いつのまにかスルスルと便も出るようになり、毎日、出るように、体が記憶してくれるんです。

 

便秘改善したいと思っていても、1日だけ実行したのでは本当の改善にはなりません。

続けてこそ、真の改善と言えます。がんばりましょう。

 

続いて、手短に出来る3つの便秘解消法をご紹介します。

便秘を解消するための手短な3つの方法

3tu2

この記事を読んでいるということは、今、現在あなたは便秘に悩まされていると思います。

 

そしてきっと、何か簡単に治す方法はないか?どうか探していると思います。

 

一つ言えることは女性にとってお通じの問題はなかなか人前で言えることではないですし、男性以上に悩んでいる方が多いです。

 

ここでは便秘を解消するための手短な3つの方法についてご紹介していきたいと思います。

水分補給を小まめにすること

まず、便秘を解消するためには小まめな水分補給が必要不可欠です。

 

水分不足は便通を悪くさせる原因の一つでもあるので、便秘の際は小まめな水分補給をしましょう。

 

尚、コーヒーやカフェインを含むお茶は効く人もいれば悪化する人もいて個人差があります。

ソーダやアルコールを含む飲み物は控えめにした方が良いでしょう。

食物繊維を含む食べ物を摂取するように心がけること

食物繊維下剤を促進する食べ物の一つです。

例を挙げれば、苺やバナナなどのフルーツや、穀物類の玄米や白米、野菜のブロッコリーやホウレン草、カリフラワーなどがあります。

 

これらの食物繊維を含む食べ物は排便をしやすくさせてくれます。

急に多くの食物繊維を摂取すると、ガスが溜まり逆効果になってしまうので、徐々に摂取するように心がけるのが良いでしょう。

プルーンを食べる

最後に紹介するのは、プルーンを食べることです。

プルーンは高い食物繊維を含む食べ物の一つで手軽に一口サイズで食べることができます。

便通をより良くさせ、便通を予防するうえでもプルーンは適した食べ物の一つです。

 

女性にとって便通の問題で病院に通ったりするのはとても難しいことだと思います。

市販の医薬品を利用するのも一つの手です。

 

ですが、実際クスリでは一時的にしか解消することができませんので最後の手段ですね。一番大切なことは、食生活を見直してみることだと思います。

 

以上、手短な3つの方法をご紹介しました。

まずは基本的な水分補給から、次にしっかりとした食事、最後に食物繊維を含む手短な効果のある食べ物を紹介しました。

 

他にも様々な方法が実際にはあります。

ですが、まず一番大切なことは水分補給を小まめに取り始め、食生活を見直し始めるのが一番の近道だと思っています。