ringo2

便秘はお肌に悪いですし、なによりスッキリしない感じが不快ですよね。

でも、下剤はクセになりやすいですし、だんだん飲む量が増えてきて不安になってしまいます。

 

できれば薬に頼らずに、便秘が解消できたらいいですよね。

 

そんなしつこい便秘に悩む人に試してもらいたいのが、大根とリンゴのすりおろしです。

 

えっ、そんなので?

と思うくらい、普通の食材ですよね。
でも、このコラボが、便秘解消に効果絶大なのです。

 

大根おろしは、昔から天然の胃腸薬と呼ばれるくらい、消化や整腸にすぐれた食品です。

 

その秘密は、消化酵素の一種であるアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼ、そして抗酸化作用のあるイソチオシアネートです。

特にアミラーゼは、炭水化物や糖質を、腸内の善玉菌を増やす手助けをしてくれるマルトースやオリゴ糖などに変える作用があるのです。

 

アミラーゼは熱に弱いので、生で食べる大根おろしがピッタリなのですね。

 

そしてリンゴには、腸内環境を整える水溶性食物繊維のアップルペクチンや、蠕動運動をうながすリンゴ酸、クエン酸、腸壁を守る作用のあるタンニン酸が含まれているので、腸の動きを活発にしながら便のかさを増やし、お通じをスムーズにしてくれます。

 

アップルペクチンは皮の部分に多く含まれるので、無農薬のものをよく洗ってまるごとすりおろすのが理想的です。

 

この最強のツートップ便秘改善食品がタッグを組んだら、もう便秘など簡単にノックアウトです。

その上、大根とリンゴのすりおろしは、さっぱりした甘さでまるでスイーツのようにおいしいのです。

 

大根の辛味がリンゴの甘さで中和されるので、いくらでも食べられるくらいです。

便秘に困ったときは、ぜひ試してみてくださいね。