genin2

 

便秘になってしまう原因はいろいろありますが、その中でも腸内環境が悪化してしまうのが最大の要因です。

 

腸内には善玉菌の他に悪玉菌というのもあります。

善玉菌の量が多い場合は腸内環境が良い状態なのでスムーズに排便する事が出来ますが、善玉菌より悪玉菌の量が多くなってしまうと腸内環境が悪化してしまい腸に便が溜まった状態になってしまいます。

 

そのため便秘を解消するには悪玉菌の量を減らしていく事が大切になってきます。

 

悪玉菌が増えてしまう原因として挙げられるのが動物性のタンパク質や脂肪を摂取してしまう事です。

特に肉類を中心とした食生活の人ほど腸内に悪玉菌の量が多くなってしまいます。

 

そのため動物性のタンパク質や脂肪の摂取を控えて植物性のタンパク質を摂取する事が大切になってきます。

植物性のタンパク質は悪玉菌を除去する作用があるので善玉菌の量が優勢になって腸内環境を整える働きがあります。

 

そのため便秘解消にも繋がっていくので植物性タンパク質が多く含まれている野菜や大豆製品を食べる習慣をつけておくといいでしょう。

 

特に大豆製品の納豆は食物繊維やイソフラボンなども含まれていて便秘解消の他に肌の状態を良くしてくれるので女性にとっては大きなメリットになります。

そのため納豆は、なるべく毎日食べるようにした方がいいでしょう。

 

腸に便が溜まってしまうと不要な成分まで吸収してしまい便秘の他に大腸がんになってしまう可能性もあるので便秘はすぐにでも改善した方がいいでしょう。