口臭はある程度年齢の高いかたの悩みだと思われがちではありますが、若い女性であっても発生してしまうものです。

臭いを自覚をする前に他の人の嫌な顔や指摘などで気がつくことが多いため、非常に恥ずかしい思いをしてしまいます。

 

直接的に言われることがなかったとしても、潜在的に不安を抱えているかたは珍しくありません。

ここで注意したいのが、安易に臭いを誤魔化すために他の香りで上書きをしようとしないことです。

 

ブレスケアスプレーなどでいい香りを付けることは容易ではありますが、悪臭と香りが混じって余計に不快なものになってしまうこともあります。

こうした対処療法が不必要ということではなく、同時に臭いの元となる原因を排除していかななければ意味がないのです。

 

若い女性の口臭の原因で多いのが便秘です。

便秘がちの人のおならは通常よりも臭いますが、これは腸の中に溜まりに溜まった便が悪臭の発生元になっているからになります。

 

この便の悪臭は毒素として腸から血液を介して体中に巡り、体臭や口臭として体外に染み出してきてしまうのです。

一見すると便秘と口臭が無関係なように感じますが、腸の調子を整えることで悪臭の元の一つを絶てることになりますから口臭はかなり解消します。

 

生活習慣を改めたり水分をたっぷりと摂ったり、食物繊維や善玉菌を増やす食材、便秘解消効果のあるサプリメントを摂取するなどして、溜まった便を排出する対策を行ってください。

臭いの発生源を改善させることで口臭が薄くなっていきますし、そうして初めてブレスケア商品も効果を発揮できるようになります。

口臭の原因が歯周関連でない場合は女性ホルモンが不足してる可能性あり!水分と繊維質は毎日摂ろう

女性の口臭の原因は様々なケースが考えられ、若い頃は何も気にならなかったのに30代40代に加齢して突然不快な臭いに気が付くという人も少なくありません。

 

先ず初めに口臭の立派な原因として考えられるのは、ネバネバとした舌苔の付着や歯間に詰まった歯垢などで、いずれも歯周病の予備軍と捉えられる症状です。

 

これらを対策するにはデンタルフロスや舌苔を除去する専用ブラシが効果的で、簡単に自宅でセルフケアも可能です。

もし十分な歯周ケアをしても口臭が収まらない場合は、自律神経や腸内環境が乱れて女性ホルモンの分泌が急激に減少してる事も考えられます。

 

特に40代や50代近くになると、更年期症状の1つとして口の中が終始乾燥するドライマウスというのが原因で口臭を更にエスカレートさせてる場合もあります。

 

ドライマウスが原因で口が臭い時は、こまめな水分補給を心がけて便秘を解消する事が一番の改善への近道です。

中でも食事メニューの改良は大変お勧めで、カリウムや繊維質を豊富に含む食品や大豆を多く意識して摂るようにすると、腸に溜まった毒素が外に排出されやすくなり、同時に口臭の原因も解消できる可能性が高いです。

 

自炊する時間が十分取れない人は、食物繊維を沢山摂れる「青汁」や「ゴボウ茶」を飲むだけでも腸がスッキリして息もリフレッシュするので、くれぐれも肉食に偏った食生活を送らないよう肝に銘じておくべきです。

 

ちなみに仕事やデート中に口臭を一時的に予防したい場合は、通販でも購入できる専用サプリメントの服用も有効ですので、なたまめや薔薇など好みの味から商品を選んでみてもいいでしょう。