asa2

 

頑固な便秘を解消するには、朝の起床時間を変えることが必要

ひどい便秘というのは、とても苦しく、日々排便のことが頭から離れずにストレスとなります。

 

便秘がストレスになると、排便が苦痛になってきますよね。

これは精神的な苦痛と、肉体的な苦痛を伴います。

 

精神的な苦痛というのは、排便が怖くなってしまったり、食事を楽しめなくなるんです。

肉体的な苦痛では、何日も溜まった便を出すのに、お尻が傷み、切れ痔やイボ痔になってしまうこともあります。

 

便を出すという行為は、本来毎日行われるものです。

これが毎日できなくなると、上記のように苦痛を伴うようになってしまうのです。

 

ひどい便秘を解消するには、食事・運動・規則正しい生活はもちろん大切です。

しかし便秘で悩む女性は、これらのことは当然できている場合が多いんです。

 

では何をしたら、ひどい便秘に効果があるでしょうか?。

 

それは、朝の起床時間を早めることです。

 

排便は一日の内で、朝に最も出やすいのです。

これは腸の動きに関係しているからです。

 

朝起床して、しばらくすると、腸が活動を始めるので、この時に排便できるのが最も良いのです。
この腸が活動する時間に、朝の慌ただしい時間を過ごしていると、トイレに行くタイミングを逃してしますのです。

 

このタイミングを逃すと、便は引っ込んでしまいます。

 

引っ込んでしまった便は、水分が減ってしまい、出づらい状態になります。

時間が経てば経つほど、便は固くなり出づらくなってしまうんです。

 

便が出ていないのに、食事をとると、どんどん排出すべき便が溜まってしまうのです。

 

朝ゆとりを持って起床し、朝食をとることで、便が活動する時間にトイレに行くことができます。

便意を感じなくても、朝食後、毎朝決まった時間にトイレに行くことが大切です。

 

初めは便器に座って出ないこともありますが、毎朝同じ時間に便器に座ることを習慣づけてみてください。