便秘がひどいと悩んでいる女性は多いですね。

初めは、運動をしたり水分を多く摂取したり食事で野菜をたくさん摂るなどして対応しますが、それでも望むような効果が得られないこともあるでしょう。

 

そんなときは、便秘薬を試してみませんか?

 

便秘薬に関しては、何かと危険だと言われたり癖になってしまうということが言われているのですが、種類によっては特にくせになることもなく、安全に服用できるものもあります。

便秘薬には主に刺激性下剤と、機能性下剤があります。

 

副作用に関して何かと問題になりやすいのは刺激性下剤の方です。

よってもう一つの種類である機能性下剤を利用すれば、それほど副作用を心配することなく使用することが可能になります。

 

そして機能性下剤の中でも、特に酸化マグネシウムは大腸の水分を増やすことによって便を出しやすくする働きがあります。

体内には吸収されるものではありませんし、服用しているうちに効き目が弱くなるということも少ないです。

 

また酸化マグネシウムは便秘薬としては、特に便秘になりやすい妊娠中の女性にもよく処方されるもので安全性も特に高いものなのです。

この酸化マグネシウムは医療機関を受診しても処方してもらえますし、市販薬としても販売されているので比較的簡単に手に入れることが可能なのです。

なのでひどい便秘で苦しんでいるのであれば、酸化マグネシウムの使用を検討すべきです。