男の子の産み分けに成功する確率は、7割から8割の確率で実現するとされていますが、産み分けする場合の妊娠率自体は大幅にダウンするそうなので、妊娠すること自体が奇跡の年齢であれば、四の五の言っている場合ではなく、運にかけて産める確率が高いほうにかけたほうが望ましい対策だと思います。

 

女は35歳頃から妊娠の確立が下がり、男は40歳頃から妊娠の確立が下がると言われているため、男の子と断定して妊娠を望むのであれば若いに越したことはなく、ただでさえ妊娠が難しい高齢出産の年齢の人がそれを望むのであれば、高リスクなことを自覚するべきです。

 

悩んでいる暇など時間がもったいないので、善は急げでサッサと産婦人科を受診して医師に相談し、自分の年齢や健康状態から成功する確率を聞いてみることをお勧めします。

 

また、「産み分けゼリー」なるモノも通販サイトで購入できるため、ネットの口コミを参考にして高評価なモノを選び、それを食べ続けてみるのもアリです。

男の子産み分けサプリなる「リンカルS」というモノもお勧めです。

 

30日分で税込み価格3240円程度です。

日常生活の中で、コーヒーやバナナを多く摂取するのも良い結果を生むと聞いたことがあります。

 

食事療法の中では、男の子を望む人はガッツリ系の食事(肉中心で卵や炭水化物を多く食べる)のも効果的です。

しかし、これらの口にするモノは根拠100%としての確立が低いので一番良いのは、産婦人科で男の子を産む場合の性交渉のタイミングを聞いて実践することだと思います。