check_green01便秘解消の基本は3つあります

 

 

phm12_0143-s便秘は体質も関係していますので、万人に必ず効くという改善法は未だ開発されていません。

 

状態が酷い時は下剤や浣腸と言った医薬品で、溜まった便を出すという方法は残されていますので、どうしても苦しい時は試してみて下さい。

 

一方で便秘解消に効果が期待出来る方法は、いろいろと明らかになっています。

 

まずはこれらの方法を試して、状態の変化を観察して下さい。

 

 

point1食物繊維を摂る

 

 

まずは食事です。

胃腸内の固形物をスムーズに押し出す力がある食物繊維を多く摂取するようにしてみて下さい。

 

食物繊維は野菜に多く含まれています。

もし量を一度に食べられないという方がいましたら、「食物繊維のサプリ」がありますので活用しましょう。

 

もちろん腸などの臓器を作るタンパク質や、活動のエネルギーとなる糖質も必要です。

つまり、野菜を多めにバランスよく食べるというのがベストです。

 

 

point2水を沢山飲む

 

 

そして水分です。

水分摂取が少ないと便が固まってしまう原因になるのです。

 

無理やり飲む必要はありませんが、意識して小まめに摂取するようにして下さい。

 

 

point3腸の動きを活性化する

 

 

食物繊維と水分で便が出やすくなりました。

そして最後は腸の動きを活性化します。

 

運動で腸に刺激を与えるのです。

具体的にはウォーキングや軽いジョギングなど、無理なく続けられるレベルの負荷で、なおかつ継続して腸に適度な振動を与えられる運動がお勧めです。

 

縄跳びも良いと思います。

 

以上3点を毎日続けるようにして下さい。

習慣化してしまうと、継続は楽になります。

 

まずは2週間頑張ってみましょう。

早く結果を出そうとして、くれぐれも極端にならないようにして下さいね。

 

劇的な効果ではないものの、少しずつ便秘が解消していくと思います。

 

 

li610_02

 

 

check_green01頑固な便秘を治す3つの基礎知識

 

 

phm21_0474-s (1)女性の中で、便秘に悩む人は多いものです。

 

便秘を放置していると、健康にさまざまな影響を及ぼします。

 

たとえば肌荒れ・腹痛・痔・口臭や体臭などです。

 

さらに腸内環境の悪化による免疫力の低下や自律神経の働きの乱れなども懸念されます。

 

頑固な便秘で悩んでいる場合には、いろいろな角度からアプローチして症状を改善することが大切です。

 

 

point1食生活を見直す

 

 

まず食生活においては、便秘改善に効果のある食材を摂りましょう。

 

その一つであるオリゴ糖や乳酸菌は、腸内の善玉菌を活性化させる働きがあります。

 

また、オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、小腸や大腸の蠕動運動を促す効果があります。

 

さらに食物繊維は、便のかさを増すと共に水分を含ませる作用があります。

特に、こんにゃく・海藻類・きのこ類・山芋などに含まれる水溶性食物繊維は、腸内環境の改善に欠かせません。

 

これらの食材を摂り、ミネラルウォーターなどの水分を多めに飲むように心がけると良いでしょう。

 

 

point2生活習慣の見直し

 

 

便秘改善の手段としては、生活習慣の見直しも重要です。

 

特に朝は食事をきちんとたべ、腸に刺激を与えます。

そしてトイレタイムを確保し、排便リズムを作るようにします。

 

そして、便意を感じた場合に我慢するのはタブーです。

 

これを繰り返すと便意を感知する直腸の働きが弱まり、慢性的な便秘になるからです。

 

加えて、ストレスや睡眠不足は自律神経のバランスを崩し、腸の働きを低下させます。

それによって便が排出されにくくなり、便秘が起こる場合があります。

 

日常のストレスをうまく解消し、睡眠をしっかり取ることも必要です。

 

 

point3適度な運動

 

 

この他には、ウォーキングや腹筋運動なども便秘改善に有効です。

 

加齢などで腹筋が弱まると、便を排出する力も低下します。

 

しかしウォーキングをすれば、自然に背筋や腹筋が鍛えられます。

その上血行が良くなり、新陳代謝がアップして腸の動きも促進されます。

 

さらに腹筋運動をすると腹筋が強化され、腸の蠕動運動を促すことができます。

 

これらの方策を地道に実行し、便秘を完全に解消しましょう。