男性はあまり身近ではないかもしれませんが、葉酸は重要な栄養素です。
赤ちゃんの発育に重要な栄養素なため、女性は摂取する必要があります。

 

葉酸というのはビタミンB群の一種で、DNAのタンパク質の生合成を促進する効果があります。
他にも神経管閉鎖障害の発症リスクが低減されたり、摂取を推奨されているのです。

 

十分な量を摂取したいですが、不足しがちな栄養素でもあります。
緑色の葉野菜やレバー、枝豆などに多く含まれています。

 

しかし、食品中の葉酸の吸収率は50%程といわれています。
十分な量を摂取するには食べる量を増やさないといけませんが、妊娠中は辛いと思います。

 

そのため、サプリメントなどが有効です。
サプリメントだと吸収率は85%程といわれているのです。

 

厚生労働省からも通常の食事に加えて、栄養補助食品からモノグルタミン酸型葉酸を摂取することを推奨されているのです。
サプリだと少ない量で栄養を摂取できます。

 

最近は妊婦のことを考えて、飲みやすいものが開発されています。
医師監修の商品も出ていて、安全性も高いです。

 

ちなみに葉酸は妊娠の一ヵ月前からの摂取を推奨されています。
元気な赤ちゃんを産みたいのであれば、計画的に摂取するようにしましょう。

 

もちろん葉酸だけでなく、鉄やカルシウムなどの栄養も重要です。
日頃から栄養バランスを意識した食事をすることが大切ですね。

 

妊娠すると自分だけの体ではなくなるので、より体調管理に気をつけましょう。
産婦人科医や周りの人のアドバイスを聞いて生活すれば、元気な赤ちゃんに会えることでしょう。